榊原清政(さかきばらきよまさ)

写真の説明を入れます

生年月日:1546年
出身地:愛知県豊田市
別名:七郎右衛門

【榊原康政の兄】
榊原長政の長男で榊原康政の兄。
一向一揆では、当時従っていた酒井忠尚が一揆に味方をしたため、兄弟で敵味方となってしまった。
一揆終結後は家康に仕え、嫡男・信康の傅役となったが、信康が自刃したことにより職を辞し、隠居した。
康政が上野館林の大名となると、清政も館林に移住した。
康政の死後再び仕官し、駿河久能山城の城代となった。

<< 前のページに戻る