榊原康政(さかきばらやすまさ)

写真の説明を入れます

生年月日:1548年
出身地:愛知県豊田市
幼名:於亀

【智勇兼備の将】
智勇兼備にして、徳川家臣中「最も人品高し」と謳われた武将。
三河一向一揆の活躍で、家康公より「康」の字を賜り、小牧・長久手の戦いでは、敵の羽柴秀吉を挑発する檄文を書き、賞金首に懸けられた。
親戚関係にある加藤清正にも尊敬をされた。
同い年の本多忠勝は、互いに背を預け合う無二の親友である。

<< 前のページに戻る